ごあいさつ
季節のおすすめ商品
商品
ご家庭用商品
ご進物用
宇治金アイスモナカ
よくあるご質問
商品注文方法
特定商取引に関する法律に基づく表示
京子さんの茶話室
アクセス
よくあるご質問
おいしいお茶の入れ方

一口に日本茶と言ってもそれぞれに持ち味があり、それを生かすためにいれ方も違ってきます。
一番大事なのはお湯の温度。低いと苦渋みがでにくくなります。
お湯を湯冷ましや湯飲みに移すことで、温度が10度近く下がります。お茶に合った温度に調整しましょう。
また、お茶の種類によって大きさの異なる急須を使い分けた方が簡単にいれられます。

【玉露】

玉露は飲むと言うよりも、ごく少量で旨みを味わうお茶です。
茶葉を多く使い、少量のお湯に成分を凝縮させます。茶葉に対してお湯はひたひたぐらいです。
道具・小振りの急須と湯飲み3客、湯冷まし
茶葉の量 8g(大さじ軽く2杯)
湯の量 80cc

[1] 急須と湯飲みにお湯を注いで温めておく。
[2] 湯冷ましに湯を注いで、40度〜50度ぐらいになるまで冷ます。(容器に触れられるぐらいの温度)
[3] 急須のお湯を捨て、茶葉を入れる。
[4] 冷ましたお湯を注ぎ、1分半〜2分間ほど待つ。(高い温度では短く、低い温度では長く置きます)
[5] 湯飲みのお湯を捨て、急須のお茶を最後の一滴まで均等に注ぎ分ける。

二煎目三煎目と湯温を高くしていくと美味しく出ます。

【煎茶】

煎茶は旨みと渋みの調和した味を楽しみます。
お湯の温度は渋めが好きな方は高めに、渋みは少なく旨みが欲しい方は低めにします。
道具・中程度の急須と湯飲み3客、湯冷まし
茶葉の量 8g(大さじ軽く2杯)
湯の量 150cc

[1] 急須にお湯を注いで温めておく。
[2] 湯冷ましに湯を注ぐ。次に湯飲みに移す。これで70度ぐらいに温度が下がる。
[3] 急須のお湯を捨て、茶葉を入れる。
[4] 冷ましたお湯を注ぎ、1分間ほど待つ。
[5] 湯飲みに均等に最後の一滴まで注ぎ分ける。

二煎目三煎目と湯温を高くしていくと美味しく出ます。

【冠茶】 (商品名:山城冠)

冠茶は煎茶よりも旨みを多く含みます。
煎茶と同じようにいれてもいいですし、その旨みを十分に引き出すなら煎茶よりもやや低めの温度のお湯でいれます。
道具・中程度の急須と湯飲み3客、湯冷まし
茶葉の量 8g(大さじ軽く2杯)
湯の量 150cc

[1] 急須にお湯を注いで温めておく。
[2] 湯冷ましに湯を注ぐ。次に湯飲みに移す。これで60度〜70度ぐらいに温度が下がる。
[3] 急須のお湯を捨て、茶葉を入れる。
[4] 冷ましたお湯を注ぎ、1分間ほど待つ。
[5] 湯飲みに均等に最後の一滴まで注ぎ分ける。

二煎目三煎目と湯温を高くしていくと美味しく出ます。

【柳】 (商品名:宇治荒茶・大和・宇治緑)

煎茶よりも旨みが少なく、手軽にたくさん飲むのに適しています。
高温のお湯で、短時間でいれます。
道具・大振りの急須と湯飲み5客
茶葉の量 10g(大さじ3杯)
湯の量 300cc

[1] 急須に茶葉を入れる。
[2] 80度〜90度ぐらいのお湯(ポットのお湯)を注いで、30秒ほど待つ。
[3] 湯飲みに均等に最後の一滴まで注ぎ分ける。

【ほうじ茶・玄米茶】

煎茶よりもタンニンやカフェインが少なく、さっぱりと飲めます。
高温のお湯で、短時間でいれて香りを楽しみます。
道具・大振りの急須と湯飲み5客
茶葉の量 10g(大さじ3杯)
湯の量 300cc
[1] 急須に茶葉を入れる。
[2] 80度〜90度ぐらいのお湯(ポットのお湯)を注いで、30秒ほど待つ。
[3] 湯飲みに均等に最後の一滴まで注ぎ分ける。

【真】 (芽茶の事)

煎茶と同様にいれます。
芽の部分は渋みが多いので、その渋みを十分味わいたい方は湯の温度を高めに、あまり渋くいれたくない方は低めにします。
道具・中程度の急須と湯飲み3客、湯冷まし
茶葉の量 8g(大さじ軽く2杯)
湯の量 150cc

[1] 急須にお湯を注いで温めておく。
[2] 湯冷ましに湯を注ぐ。次に湯飲みに移す。これで70度ぐらいに温度が下がる。
   低めなら60度ぐらいまで下げる。
[3] 急須のお湯を捨て、茶葉を入れる。
[4] 冷ましたお湯を注ぎ、1分間ほど待つ。
[5] 湯飲みに均等に最後の一滴まで注ぎ分ける。

二煎目三煎目と湯温を高くしていくと美味しく出ます。

 

竹村玉翠園本舗
(たけむらぎょくすいえんほんぽ)
〒606-8392
京都府京都市左京区聖護院山王町13番地
TEL
075-771-1339
FAX
075-771-6686
Email
http://www.gyokusuien.com/